性能と携行性のバランス → 2ピースロッドのススメ

ブランク本来のパフォーマンスを求めると、全く継目の無い1ピースロッドが理想的であり、実際、一番多くルアーロッドに採用されています。

一方、携行性を考えた場合、マルチピースロッドを手放すことは出来ません。

電車やバイク・自転車での移動はもちろん、車でも場所を取らず非常に便利です。

さらにロングロッドになると、車であっても1ピースでは収納に困る事があります。

しかし、マルチピースロッドのデメリットとして一般的にいわれているのは、継目があるために、ブランクが自然なカーブを描きにくい・感度が落ちる・重量が増える等です。


それはそうだけど、物理的に短くないと困る・・・という事情もあります。

そんな場合におススメしたいのが、2ピースロッド。

仕舞寸法は全長の約半分になりかなり携行しやすく、継数も1ヶ所のみなので懸念されるデメリットも最小限に抑えられます。

ソルトではロングロッドが当たり前なので、2ピースが非常に多いですよね。

車や電車、自転車でも、グンッと携行性が上がりますし、家の中でも場所を取りません。

また、飛行機に乗っての移動や、遠征先に送った場合でも、1ピースに比べてコストの安さは雲泥の差です。

性能と携行性のバランスの取れた2ピースロッド。

持ち運びやご自宅での保管にお困りの場合はおススメです。


セントクロイでも多数の2ピースロッドをリリースしております。

先ずは淡水用ロッドから、比較しやすいように特設ページを作成しましたので、一度チェックしてください。


ソルトロッドについても、近いうちにぺージ作成したいと思います。


2ピースロッド特設ページ