Long Rods

​ロング ロッド

セントクロイロッドは、ラインナップが非常に多いので、“ロングロッド”を探しておられる方が見つけやすいように集めてみました。

どの程度から“長い”のかは個人の感覚によって判断が分かれるところではありますが、ここでは7’6”以上のロッドで線引きをしています。

 

*ソルトロッドではロングロッドは珍しくありませんので、このぺージには含めておりません。また、マスキーロッド・トローリングロッドも除いております。

 

 

一般的に、ロングロッドには次のようなメリットがあると言われています。

 

< 飛距離 >

より遠くに投げられるので、つまり広い範囲を探れることになり、届かなかったブレイクや障害物へルアーを送り込む事が出来る可能性が高まります。

オカッパリの場合は飛距離はとても大切です。

 

< 操作点の高さ >

高い位置からルアーを操作することができるので、遠投先でのリフト&フォールなどルアーをボトムから浮かせるアクションがやりやすいですね。

また、根掛かりも外しやすいように思います。

 

< フッキングストローク >

フッキングにおいてもストロークが長く取れるので、しっかりと決まりやすいと言われていますね。

 

< コース取り >

ルアーを通すコースもロッドが長い分障害物をかわしたり、ギリギリ通したり調整しやすい。

これは掛けた後の魚とのやり取りでも言えることです。

 

投げられるウェイトの幅の広さや高い足場での操作感など、他にも色々とメリットはあると思いますが、結局は好みだったりもします。

 

また、取り回し辛さや重量など、もちろんデメリットもありますので、良い事ばかりではありません。

 

 

7’6”以上のみを集めても、結構な数量となりました。

あらためてラインナップの多さを実感します。

お探しのロッドが無いか、一度チェックしてください。

Long Rods / Casting Model / Fresh Water

ロングロッド ベイト写真 cut.jpg

詳細ページへはこちら →  Legend XLegend Elite  /  Legend Tournament / Legend GlassMojo Bass  / Mojo Yak / Bass X  /  Triumph Salmon & Steelhead  

Long Rods / Spinning Model / Fresh Water

ロングロッド スピニング写真 cut.jpg

詳細ページへはこちら →

Legend Elite / Legend Tournament Bass / Avid / Avid Trek / Premier / Mojo Bass / Mojo Yak / Panfish / Triumph  Triumph Salmon & Steelhead  

・製品の製造上、反り(曲り)・偏肉など発生する場合があります。

・ガイド取付においての若干の曲り・ズレなど発生する場合があります。

・輸送や取扱い上、表面の擦れや圧迫などによる若干の傷やへこみなど発生する場合があります。