Triumph・Triumph Travel

5eb9c12059895-tcr70mf-fullrod_semilyr.jp
5eb9eb6311bc6-tsr70mf-fullrod_semilyr.jp
5eb9be757425c-tcr66mhf4-fullrod_semilyr.
5e6be9ee5e6de-triumph_travel_trs66mhf4_f
5eb9eb65e87ca-tsr70mf-handle-reelseat.jp
5eb9eb70b840d-tsr70mf-stripperguide.jpg
5eb9eb6a55f76-tsr70mf-tip.jpg
5eb9c11177267-tcr70mf-handle-reelseat.jp
5eb9be6945f9d-tcr66mhf4-stripperguide.jp
5eb9c125b8bc9-tcr70mf-tip.jpg
5ea8261581a4d-triumph_travelcase_updated
5e6be9e21477e-triumph_travel_trs66mhf4_l
5e6be9e13e98d-triumph_travel_trs66mhf4_f
5eb9eb69eaf86-tsr70mf-swatch.jpg

Deep Run Blue

バス・ソルト・パックロッドまで幅広くシリーズ展開されているトライアンフが、オール リニューアル。

 

ブランク及びスレッドカラーをブルー系とし、ロゴマークも一新。

機能面においては、ガイドをSea Guide製へ変更。

ブランクは変わらず、高品質なセントクロイ伝統の中弾性SC IIグラファイトを採用し、優れた強度と感度、そして中弾性ブランクスの特性を生かしたフッキングパワーと粘りを実現。

 

バスを筆頭に、様々な魚種に対応し、あらゆるリグで高次元かつ快適にパフォーマンスが発揮できるようにデザイン。

 

またトライアンフには4ピースのトラベルロッドをラインナップ。

 

移動を伴う旅先・出張先ではロッドの代えがきかないため、タフでなければなりません。

 

さらに、様々なリグ・ルアーに対応できる汎用性、もしものビッグフィッシュを確実にキャッチ出来る強さも要求されます。

 

そんな要求をクリアーするアメリカで鍛えられたトライアンフ トラベルロッドなら、良い旅のパートナーになるはず。

 

< 仕様 >

・高品質で耐久性に優れたSC IIグラファイト

・Sea Guide Atlas Performance SS304ガイド ブラック仕上げ

・スピニングモデル:Sea Guide XDPSリールシート

 

・ベイトモデル:Sea Guide ECS / TCSリールシート

 

・高品質コルクハンドル

 

・ダブルコーティング・低速仕上げ

 

・トラベルロッドにはクッション入りソフトケース付き

 (ケース長:約60cm)

SC-Handcrafted.png

TRIUMPH CASTING RODS

TRIUMPH SPINNING RODS

TRIUMPH TRAVEL CASTING RODS

TRIUMPH TRAVEL SPINNING RODS

Casting

5f0892ac0629c-triumph_freshwater_casting

Spinning

5f0892ac28890-triumph_freshwater_spinnin

Travel

5f0893e5d59b4-triumph_freshwater_travel.

​長さはインチ表示です

scr_triumph_fresh_detail_sept17_2.jpg
scr_triumph_fresh_detail_sept17_4.jpg

・製品の製造上、反り(曲り)・偏肉など発生する場合があります。

・ガイド取付においての若干の曲り・ズレなど発生する場合があります。

・輸送や取扱い上、表面の擦れや圧迫などによる若干の傷やへこみなど発生する場合があります。

User's Voice

shallow_angler

TRC66MHF4 / キャスティング

​霞水系・恩方バスフィッシングポンド  /  オカッパリ・ボート

霞水系流入河川にボートを浮かべ、5/0オフセットフックにバルキーなソフトベイトをノーシンカーリグでセットし葦の奧へピッチングで優しく送り込む。

着水して2秒後ロッドを立ててラインテンションを確保したその瞬間「えっ👀⁉️これでトラベルロッド⁉️」と好感触に驚かされた。

毎回の事ながらセントクロイロッドには本当に驚かされる、世間の常識ではトラベルロッドなどのマルチピースロッドはワンピースより感触が劣ると言われるがトライアンフに関してはそんな事は全く無い。

世間の常識はセントクロイロッドの非常識なのである。

僕のクルマはキャビンが狭くてワンピースロッドが入らない事もあり今までに様々なマルチピースロッドを使って来た。

中には高額な国産マルチピースロッドも含まれているが、ハッキリ申し上げてここまでの好感触は無かった。

その理由の一つが今はバスロッドにあまり使われていない逆並継ぎかもしれない。

あるいはロッドマテリアルのもたらす術なのか?

両方の相乗効果かもしれないし、良い意味で国産トラベルロッドの概念が全く通用しないのだ。

最初このロッドはあまり感度を必要としないフロッグゲームに使おうと考えていたが、これだけグッドフィールならば撃ちモノ系専用ロッド一軍に決定だ。

なのでフロッグ用にまたロッドを買わないとイケナイ💦

その為にはセントクロイのカタログをじっくり見れる近所の釣具屋さんに足を運ばないとね。

あー困った困った(笑)

192065001_204325861413265_76170462361022