Short Rods

​ショート ロッド

ロングロッドが充実している反面、セントクロイにはショートロッドが少ないというイメージがありますが、実は結構ラインアップされており、一番短くは4’6”から用意されています。

 

ラインナップが非常に多く、シリーズ別のぺージ構成では見つけ難いので、“ ショートロッド “ ぺージを用意しました。

 

どこからが “ ショートロッド ” と定義するかは個人により異なりますが、ここでは 6’3” 以下の長さで線引きをし集めています。

 

 

物理的に短いという事からくる利点は多々あり、一般的言われているメリットとして、

 

先ずは、短くて振りやすいことから、キャスト精度が上がります。軽くなるということも振りやすさにつながるのでしょう。

魚がいるポントへ、狙ったポイントへ、正確にルアーを送り込むという大前提で最も大切なことの一つであるキャスティングの正確さ。

恐らくこれが最も大きいメリットですね。

 

例えば、ボート釣りでオーバーハングの奥へルアーを送り込みたい時や、狭い場所や後ろにクリアランスが無いシチュエーションでキャストする時など、ショートロッドが非常に優位になります。

 

そして操作性も上がり、細かく繊細にアクションできるとも言われています。

振り幅が小さい分、移動距離が短く丁寧にアクションさせやすい。

また、ボートでジャーキングする場合も、水面やガンネルを叩かず、シャープにロッドを振ることが可能です。

 

さらに、分かりやすいメリットとしては、単純に短い分持ち運びや収納、釣り場での藪漕ぎなどやりやすいということがあります。

 

もちろん、短いが故のデメリットもありますので、釣り場のシチュエーションや釣り方によって適したロッドを選んでください。

 

 

6’3” 以下に絞り込みましたが、それでも結構な数となりました。

お好みのモデルがあるか、じっくりと選んでください。

Short Rods / Spinning Model / Fresh water

ショートロッド スピニング写真 cut.jpg

詳細ページへはこちら →

Legend Elite  /  Legend Tournament / Avid Series /  Premier  / Panfish Series / Trout Series / Triumph  /  Triumph Travel

Short Rods / Casting Model / Fresh Water

ショートロッド キャスティング写真 cut.jpg

詳細ページへはこちら →   Premier / Triumph

・製品の製造上、反り(曲り)・偏肉など発生する場合があります。

・ガイド取付においての若干の曲り・ズレなど発生する場合があります。

・輸送や取扱い上、表面の擦れや圧迫などによる若干の傷やへこみなど発生する場合があります。