Mojo YAK

Black Cherry Metallic

セントクロイが開発したカヤック専用ロッドである ”Mojo Yak”

アメリカ最大の釣具展示会であるICASTの2018年” BEST SALTWATER ROD”受賞。

 

Mojo Yakの開発では、限られたカヤックのスペースの中で、アングラーがどのように釣りをするのか?を考えなければならず、何を釣るかと同じくらい、限られたスペースの活用が大切。

さらに、カヤックの具体的な特徴を再度洗い出し、あらゆる釣りの動作、キャスト・フッキング・ファイティング・ランディング、さらに移動時についても「ロッドに求められることは?」を考え尽くすことが非常に重要でした。

 

ハンドルはWinn社とのコラボレーション。

手に吸い付くような質感で、ショックを吸収する快適なハンドルは、特許取得された材質から作られており、濡れても高いグリップ力を誇ります。

カヤッカーの手はオールからの水滴で常に濡れていることを考えると、このハンドルは非常に重要です。

Mojo Yakには比較的短いセパレートハンドルを採用しています。

これは、もちろん、限られたスペースであるカヤックのコックピットの中で“難なく”あらゆる動作を行うため。

また、グリップエンドに注目すると丸い形になっているのがわかると思いますが、これは、シートの横から後ろへロッドを回す時に、服に引っ掛からないようにデザインされています。

 

もちろん、ロッド自体の性能についても、抜かりはありません。

Mojoシリーズと同様、高品質SC IIIグラファイトを採用し、高弾性・高感度でありながら非常に優れた強度と耐久性を実現。

Mojo Yak専用にロッド全体のバランスを熟考し、カヤックアングラーのパフォーマンスを向上させるようティップの持ち重りを減少させています。

 

ラインナップとしては、まずは、7’~7’6”までのML, M, MHパワーで、スピニング6機種・ベイト2機種をリリース。

キャスティング精度を犠牲にせず飛距離が狙えるファーストテーパーでありながら、水中から魚を抜きあげるのに十分なパワーと、ボトムの状況までしっかりとわかる感度を備えています。

カヤックフィッシングだけでなく、フローターやゴムボートでの釣りにもマッチするのは間違い無し!

< 仕様 >

・IPCマンドレル テクノロジー

 

・高品質・高弾性で耐久性に優れたSC IIIグラファイト

 

・Kigan製マスターハンド3Dガイドシステム + スリムかつ高耐久性を誇るアルミオキサイドリング・ブラックフレーム

 

・スピニングモデル:Fuji製DPSリールシート

 

・ベイトモデル:Fuji製ECSリールシート

 

・Winnカスタム スプリットグリップ

 

・Kigan製フックキーパー

 

・ダブルコーティング・低速仕上げ

*長さはインチ表示です

MOJO YAK CASTING RODS

MOJO YAK SPINNING RODS

・製品の製造上、反り(曲り)・偏肉など発生する場合があります。

・ガイド取付においての若干の曲り・ズレなど発生する場合があります。

・輸送や取扱い上、表面の擦れや圧迫などによる若干の傷やへこみなど発生する場合があります。