Legend X

Relentless Olive

最高の素材と独自最先端テクノロジーをふんだんに盛り込んだ、セントクロイ レジェンドシリーズの最新モデル(2019年現在)。

スプリットグリップを始め、今までのレジェンドシリーズとデザインを一新したハイエンドモデル。

軽量でありながらも、圧倒的な強度と感度・耐久性を誇る、高弾性・高強度SC Vグラファイトを採用。

バット下部セクションには、超高弾性SC VIグラファイトクロスをFRS強化レジン システムで施すことにより、軽量化を計りながらもパワーの最大化と強度を実現。

 

張りと感度を出しつつも、しっかり曲がり、そして圧倒的パワーがあふれ出す・・・

セントクロイのテクノロジーが集結したハイエンド シリーズ。

< 仕様 >

・IPCマンドレル テクノロジー

・ART強化テクノロジー

 

・TETブランクデザイン

 

・下部セクションは超高弾性SC VIグラファイトクロスとFRS強化レジンシステムで補強。軽量化を計りながらパワーの最大化と強度を実現

・FRSレジンシステムとカーボンシートにより強化された高耐久性・高強度・高感度SC Vグラファイトを採用

 

・Fuji製チタンフレーム・トルザイトリング(タングルフリー)

 

・スピニングモデル:Fuji製TVSブランクタッチ リールシート

 

・ベイトモデル:Fuji製PTSブランクタッチ リールシート

 

・アルミワインディングチェック・トリム

 

・スーパーグレード スプリット コルクハンドル

 

・Kigan製チタンフックキーパー

 

・ダブルコーティング・低速仕上げ

 

・Designed and Handcrafted in Park Falls, USA

 

・St. Croix Japan保証書付き

LEGEND X CASTING RODS

LEGEND X SPINNING RODS

*長さはインチ表示です

・製品の製造上、反り(曲り)・偏肉など発生する場合があります。

・ガイド取付においての若干の曲り・ズレなど発生する場合があります。

・輸送や取扱い上、表面の擦れや圧迫などによる若干の傷やへこみなど発生する場合があります。

User's Voice

博多のロストマン

XLC68MHF / ベイトキャスティング

​クリーク・松浦川・遠賀川   /   オカッパリ・ボート

3/8~1/2のジグから、5~10gのライトテキサスやフリーリグなどによく使用し、  最近は少し比重のあるワームのバックスライド系にも使用しています。

 ショートバイトの細かいあたりにもしっかりと竿に伝わり確実に魚とのやり取りに持ち込める竿だと思います。

巻いて反応がないときに助けて貰っている一本です。

柳本 篤之 さん

XLC74HF / ベイトキャスティング

​野池・リザーバー・琵琶湖   /   オカッパリ・フローター・ボート

ジグ歴25年以上(笑)

初めてお店でこのロッドを触らせてもらった時、思わずニヤっとしてしまいました。

軽さ、硬さ、テーパー、長さ、トータル重量1oz程度のゴリゴリのカバージグを使うにあたって、えぇとこ突いてきてるなと。

実際使ってみてドンピシャ、ジグ単体重量で1/4~1ozぐらいまでのジグを軽快に操作出来、ルアーをリフトしてフォールした瞬間のコッ!と感じるバイトをも感じてしっかり掛ける事ができるロッドです。

持った感じは硬く、張りがあるジグロッドですが、魚を掛けてみると曲がるけどバットでしっかり魚の突進を止めてくれ、魚が勝手に浮いてくるイメージです。