NEW BASS ROD LOADING....

1月30日(土)、突然メールでこの動画が送られてきました。何の説明も無く。


動画のサムネイルに「NEW BASS ROD LOADING….」というコメントがあり、新しいバスロッドがリリースされる!?と、少し興奮しながら動画をチェック。

動画にも詳しい情報はなにも無く、何度か見直すと、” MADE IN USA “ のロゴが映っているのを発見。

そして、最後に “ 02.01.21 “ の数字が並ぶ。


恐らく2021年2月1日を意味しているのだろうと、期待して待っていると、2月1日に次の動画が公開されました。


今回は、この動画と共にセントクロイからのメッセージも送られてきた。しかも、かなりの長文。

ロッドの開発秘話とセントクロイの思いが綴られている。



全ての人々にとってそうであったように、セントクロイにとっても2020年は非常に厳しい一年でした。


数週間に及ぶ工場の操業停止は、様々な方面に多大な影響を与えました。

しかしながら、その時間を前向きに利用し、生産・業務プロセスの見直しにあてることで、アングラーに利益のある多くの新しい改善を発見し、実行することができました。

これは生産を増強している時には決して出来ないことです。


私達が成り立つのは、アングラーが満足してくれた時だけです。

自己新記録の更新、トーナメントでの勝利、憧れの釣り旅、理想のスタイルでの貴重な一匹など、忙しい人生の中で、純粋に水辺でそんな時間を過ごす為、そして目標を達成する為に、アングラーに寄り添いサポートを70年間続けてきました。


これらアングラーの満足が私達のモチベーションであり、さらに高い欲求に応える為、より良い性能・技術・品質・生産方法・コストパフォーマンスを求め、改善を繰り返す。

2020年は、厳しくも多くの事を学びパワーを蓄積した年となりました。






ここからが新たなスタートです。


今回の新シリーズは、新しいブランクを採用したハンドクラフトで、Made in USA。

真剣にバスフィシングを楽しむアングラーのレベルアップに貢献すること間違いありません。

スペックなど詳細は2月15日に発表、リリースは3月予定です。


昨年のNew Legend Xtreme(セントクロイ史上最もセンシティブなロッド)のリリースは、私達の目標以上のロッドとなりました。

唯一無二で尖ったこのロッドは、明確なニーズを満足させ、価格的には批判がありながらも、最終的にはマーケットに歓迎され、大いに求められました。


その成功を通して、New Legend Xtremeのデザイン・テスト・製作の経験は、非常に貴重で、より幅広い可能性に門戸を開く事となりました。これはメーカーとして非常に大切なことです。

あらゆる種類のグラスやカーボンのコンビネーションを新商品に向け試していた2018年に、St. Croix Custom Iceシリーズの開発を通しハイブリッドマテリアルについても多くを学びました。


New Legend XtremeのSCⅤブランクに新技術でSCⅥマテリアルを加え、ハイブリッドブランクを開発した時、「この方法をよりソフトなSCⅢカーボンにも採用しては?」とヒラメキました。


ここから、全く新しいバスシリーズの開発へと繋がり、新マテリアルである” SCⅢ+ ” が生まれる事となったのです。


IPC (Integrated Poly Curve) マンドレルテクノロジーを採用する事により、エンジニアとアングラー両者が称賛する程、SCⅢマテリアルのパワー伝達能力が向上します。IPCは、レイアッププロセスでヒンジポイントを取り除き、ART (Advanced Reinforcing Technology)がその移行部分を補強するのです。

SCⅢマテリアルは、セントクロイのラインナップの中で、軽量・性能・感度・バリューを併せ持った人気マテリアル。


SCⅥは、それだけでロッドを完成させようとすると、硬すぎて強すぎるのですが、適した量を適した場所に他のマテリアルと組み合わせた時(今回はSCⅢ)、強度や耐久性を犠牲にすること無く、テクニック別に優れたより軽く、高感度なロッドを作ることが可能となります。




新バスロッドシリーズでは、各モデル別に各々のテクニックに最適なロッドとなるようSCⅥマテリアルを細かく正確な量をベストな位置に加えるよう設定しているのです。


私達がNew Legend Xtremeをリリースした時、セントクロイが知っているのは高いロッドの作り方だけだと一部の人たちは批判しました。


しかし、我々のブランドや製品を良く知っている方々は、その批判が事実ではないという事を理解していただいており、良く知らない方々は、カタログで単純に価格だけを見比べてしまうものです。

驚くほどパフォーマンスの高い新しい” SCⅢ+ “ バスロッドは、このような誤解を完全に打ち砕きます。


この新しいバスシリーズはセントクロイが今まで作ってきた中で、最も軽いロッドの一つであり、アングラーはHパワーやXHパワーモデルで、特に感じていただけると思います。



これら新バスロッドは、全て優れたバランスで設計されており、ヘビーパワーロッドでは、ティップウェイトを補完する為により多くのSCⅥマテリアルを使用し、SCⅢマテリアルは減少させます。


全てのモデルは、SC Dynamic Analyzerにて細かにテストを行い、各モデルごとにSCⅥマテリアルの使用量と場所を正確に決定しているのです。


ART (Advanced Reinforcing Technology) は新バスロッドシリーズ全てに採用されておりますが、それはパターンレイアップにおいて、道理にかなったテクノロジーというだけでなく、単純にこれらロッドを粘り強くするためでもあります。


プロフェッショナルグレードにもかかわらず、手頃と言って良いこの新シリーズでは、耐久性が一つの試金石であり、この新シリーズをテストしたプロ達には、折るつもりで試してくれと指示した程です。



長さ・パワー・アクション、全てにおいて特定のテクニックに合わせて特別に設計されています。

全モデル同じシリーズ名・同じコスメで仕上げられていますが、各々が個別に具体的なテクニック用にデザインされており、フックキーパーでさえ異なります。

また、新しいテクニックやアプローチ用のモデルも含まれています。


これら新しいハイクオリティバスロッドは、研磨されたブランクスにクリアーコーティングで仕上げ、ペイントは無し。

隠さず言うと、このロッドは性能と共にコストパフォーマンスも求めて作られ、価格を抑える為にもノンペイントを採用しています。

そのため、アングラーはこのロッドの細部もチェックする事ができ、どのように作られているか知ることができるでしょう。



もしあなたがバスアングラーなら、2021年の目標を達成する為に必要なのはこのロッドかもしれません。

どのような目標であろうと、セントクロイにはあなたと一緒にそれを実現する準備があります。


アングラーファーストで開発されたmade in USAの新バスロッドシリーズ。

2月15日にその全容が明らかに。

そして、2021年3月、リリースです。